生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 新燃岳 警戒範囲4キロに拡大
2018-03-10

新燃岳 警戒範囲4キロに拡大

霧島連山の新燃岳では、未明の爆発的噴火で大きな噴石が火口から1.8キロの距離まで飛ぶなど、火山活動が活発化していて、気象台は警戒範囲を3キロから4キロに拡大しました。噴火警戒レベルは3の入山規制を継続しています。

気象台によりますと、新燃岳では10日午前1時54分に爆発があり、噴煙が今月1日の噴火以降で最高となる火口から4500メートルの高さまで上がりました。
また、この爆発と午前4時27分の爆発では大きな噴石が1日以降で最も遠い、火口から1・8キロの距離まで飛びました。

新燃岳では断続的に噴火が発生するなど火山活動が活発化していて、9日夕方からは新燃岳周辺では傾斜計で新燃岳方向に隆起する変動が見られています。また、9日に確認された火口から北西側への溶岩の流出も続いています。

こうしたことなどから気象台は噴火警戒レベル3の入山規制を維持したまま、警戒範囲を火口からおおむね3キロから4キロに拡大しました。火口から4キロの範囲では大きな噴石に、2キロの範囲では火砕流に警戒してください。また、風下では火山灰だけなく小さな噴石や空振にも注意してください。火山活動が活発な火山が多いですね。今日も元気で!
霧島連山の新燃岳では、未明の爆発的噴火で大きな噴石が火口から1.8キロの距離まで飛ぶなど、火山活動が活発化していて、気象台は警戒範囲を3キロから4キロに拡大しました。噴火警戒レベルは3の入山規制を継続しています。

気象台によりますと、新燃岳では10日午前1時54分に爆発があり、噴煙が今月1日の噴火以降で最高となる火口から4500メートルの高さまで上がりました。
また、この爆発と午前4時27分の爆発では大きな噴石が1日以降で最も遠い、火口から1・8キロの距離まで飛びました。

新燃岳では断続的に噴火が発生するなど火山活動が活発化していて、9日夕方からは新燃岳周辺では傾斜計で新燃岳方向に隆起する変動が見られています。また、9日に確認された火口から北西側への溶岩の流出も続いています。

こうしたことなどから気象台は噴火警戒レベル3の入山規制を維持したまま、警戒範囲を火口からおおむね3キロから4キロに拡大しました。火口から4キロの範囲では大きな噴石に、2キロの範囲では火砕流に警戒してください。また、風下では火山灰だけなく小さな噴石や空振にも注意してください。 肌のケア忘れずに

















































































































































































































































































































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム