生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 村田、“不可解判定”で敗戦後に温厚な父から「なんで諒太の勝ちじゃないんだ」と連絡/BOX
2017-05-31

村田、“不可解判定”で敗戦後に温厚な父から「なんで諒太の勝ちじゃないんだ」と連絡/BOX

20日に行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で、同級1位のアッサン・エンダム(33)=フランス=に“不可解判定”で敗れたロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が30日、NHK報道番組「クローズアップ現代+」(月~木曜後10・0)にVTR出演。激闘を自ら振り返るとともに、現役続行について現在の心境を語った。 同番組のインタビューに応じた村田。世間でも大きな議論になっている“不可解判定”について、村田自身にも多くの反響が入ってきたというが、「『村田ちょっとかわいそうだな』みたいな雰囲気を持たれると、それはそうではないんですよ」と同情されることを嫌った。村田が試合前に予想していた最悪な結果は“変な判定”で勝つことだったといい、「だから最悪の結果を招いたかどうかっていうと、そうは全く考えていない」と語った。
判定自体については、「自分としてはダメージを与えましたし、ポイントは持っていったのかなというのが正直なところ」としながらも、判定負けの結果に対して「『いや俺が勝ってるだろ』というのはリング上でも、今現在に至っても一切湧いてきてはいない」と胸の内を明かした。
試合を終えるまでは、「自分自身に対する評価が半信半疑だった」という村田。以前から「世界の一流所とやった時にどこまで通用するんだろう」という気持ちを持ち続けていたといい、「やってみたら通用するところが多かった。かつ、こういうところを改善していけば自分自身もっとよくなるんだろうなって気持ちがあるので。そっちの気持ちのほうが強くて。『伸びしろのある自分』という可能性というのを発見できたという気持ちのほうが強いから、たぶんそういう感情が湧いてこないんだと思います」と悪感情が湧いてこない理由を説明した。
また、試合後には父親、誠二さんから連絡があったというが、「珍しく『なんで諒太の勝ちじゃないんだ』って、すごく温厚なお父さんが言っていて、逆に僕が『そんなこともあるだろう』」と、37年間で初めて父親をたしなめたことを明かした。
今後について問われると、「現役続行するかしないかっていうのは、チームとしての判断が必要なので何とも言えないんですけど」としながらも、「個人的なボクシングに対する情熱っていうのは全く冷めることなく、むしろ火に油を注がれたくらいの気持ちでいる」と現役続行に個人としては前向きであることを匂わせた。
判定は、難しいのでKOすれば明らかでいいですね。次回頑張って欲しい。今日も元気で!
肌のケア忘れずに
































































































































































































































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム