生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 昭恵夫人の「籠池寄付100万円」出所は安倍首相地元の自民党支部?
2017-03-25

昭恵夫人の「籠池寄付100万円」出所は安倍首相地元の自民党支部?

安倍首相の妻・昭恵の証人喚問を求める声が大きくなっている。新聞各紙も「関与を全否定してきた首相の説明とも食い違う。解明のため昭恵氏を国会に招致する必要がある」(朝日新聞)、「昭恵氏は(中略)証人喚問の場で真相を語るべきである」(東京新聞)、「籠池氏の証言が事実かどうか、昭恵氏本人の口から説明が聞きたい。記者会見などをしないのなら国会への招致が必要となる」(毎日新聞)安倍寄りの2紙、読売新聞は「双方がさらに誠実に説明を尽くすしかあるまい」、産経新聞は100万円寄付問題は2人が対立している以上、「予算委員会として夫人に直接、事実関係を確認する作業も必要となろう」とやんわり。だが、一方を偽証罪に問われる証人喚問で、昭恵を予算委員会の参考人とは理解しがたい。そのうえ、建設費が異なる工事請負契約書を提出していた件で違法性が問われる問題であれば、「本人の証言を待たず」司直の手で徹底的に解明すべきであると、まるで安倍のいい分をそのまま代弁しているようだ。
ともあれ、籠池の証言を昭恵はフェイスブックで否定しているようだが、コトはそんな些細なことではない。このへんにもこの女性の「甘さ」がよく出ている。
さて、きょう24日(2017年3月)は週刊現代と週刊ポストの発売日だが、この2誌のタイトルを見ていると、つくづくこの国は平和ボケしていることがよくわかる。安倍首相の祖父・岸信介は安保反対運動が全国的に広がっているにもかかわらず、「それでも後楽園球場は満員だ」と語ったといわれる。それでいえば、安倍は「現代、ポストを見てみろ。日本人は籠池問題なんかより、株や死ぬまでセックスのほうに関心があるんだ」といいたいのではないか。
週刊現代の巻頭特集は「私はこの株、この投信でこんなに儲けました」、第2特集は「病気別行ってはいけない有名病院」。週刊ポストは「小池新党『候補者』263人の実名」と「『あれっ?』と思ったら"隠れ難聴"を疑え」である。株は論外だが、病院採点も難聴問題も年寄りには大きな関心事ではある。私もだいぶ前から聞こえが悪くなってきて、テレビの音はもちろんのこと、寄席でぼそぼそ話す噺家の声が聞こえないので困っている。
国会で他に審議しなければならない。重要な事があるのではないか?税金を無駄使いしないで欲しい。今日も元気で!
肌のケア忘れずに
































































































































































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム