生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> ノムさん、侍ジャパンをバッサリ「どっちがオールジャパンなの…」
2017-03-06

ノムさん、侍ジャパンをバッサリ「どっちがオールジャパンなの…」

5日、「S☆1」(TBS系)にVTR出演した野村克也氏と谷繁元信氏が、同日に行われた侍ジャパンvsオリックスとの強化試合を解説した。 
 3日の阪神との強化試合に敗れるなど、本大会前の対外試合負け越しが決まった侍ジャパン。この日も初回、無死二塁のピンチを招くと、安達了一の犠打を処理した先発・藤浪晋太郎(阪神)が一塁へ悪送球し、その間に二塁走者がホームに還り先制を許す。このプレーに野村氏は「解説のしようがない。下手くそとしかいいようがない。どっちがオールジャパンなの…」と呆れ気味。続く、吉田正尚にもタイムリーを浴び2点の先制を許した。 

2点を追う展開となった侍ジャパンは2回、中田翔(日本ハム)、坂本勇人(巨人)の連打で無死二、三塁のチャンスを作ると鈴木誠也(広島)がレフトスタンドへ逆転の3ラン。この本塁打に野村氏は「ナイスバッティングだよ」と絶賛すると、谷繁氏は「見逃せばボールくらいの球を上手く叩いて、やっと(1本)出てスッキリしたのではないですか」と分析した。 
3回からはオリックスで守護神を務める平野佳寿がマウンドへ。この継投に谷繁氏は「調整登板なんですよ。継投じゃないので…」と話すと、野村氏も「間違いなく主目的は調整ですよ。勝負心が全然入っていない」とぼやいた。
4回に岡田俊哉(中日)が若月健矢にタイムリーを打たれ同点とされ、その後、両チーム得点することができず試合は3-3のまま9回へ。侍ジャパンは9回、ヒットと四球などで二死一、二塁のチャンスをつくると、代打の秋山翔吾(西武)がライトへ勝ち越し2点タイムリー三塁打。この起用に野村氏は「代打策成功」、谷繁氏は「食らいついて良く打ったと思いますよ」とした。このリードを秋吉亮(ヤクルト)が守り切り5-3で勝利。7日の本大会に向けて弾みをつけた。 
本戦で実力が発揮できればいいのではないでしょうか?結果をだすのは、大変です。応援してます。今日も元気で!
肌のケア忘れずに













































































































































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム