生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> トランプ氏:異例の言及…ドル安誘導を示唆
2017-01-19

トランプ氏:異例の言及…ドル安誘導を示唆

トランプ次期米大統領が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、政権発足後はドル安に誘導する可能性を示唆した。就任前とはいえ、米大統領が為替相場の方向性に言及するのは異例だ。昨年11月の大統領選後、外国為替市場で円安・ドル高が急速に進む「トランプ相場」が続いたが、相場反転のリスクが出てきた。財政政策と逆方向
インタビューは13日に行われた。トランプ氏は中国・人民元について話す文脈で、「ドルが強すぎるせいで、米国の企業が競争できない」と強調。「税制の変更がドルをさらに高くする場合」と条件付きながら、「ドル(の価値)を下げる必要があるかもしれない」と述べ、ドル安誘導の必要性に言及した。
トランプ氏は大統領選中から、中国やメキシコからの輸入増加が米中西部の「ラストベルト(さびついた工業地帯)」の衰退を招いたと訴え、ドル安志向をのぞかせていた。ドルが安くなれば、外国製品に比べて米国製品の価格が相対的に下がり、輸出を増やし、輸入を減らせる効果が期待される。そうなれば、製造業は米国に生産拠点を置きやすくなる。
この発言を受け、18日の東京外国為替市場では円買いが進み、円相場は一時、1カ月半ぶりの水準となる1ドル=112円台半ばまで円高・ドル安が進行。菅義偉官房長官は18日の記者会見で「為替の安定は極めて重要だ。動向を緊張をもって見守っていきたい」と注視する意向を示した。
ただ、投資家はドル売り一辺倒にはなっていない。円買い一巡後はドルを買い戻す動きも拡大。海外市場では1ドル=113円台半ばまで円相場が下落する場面もあった。
金融市場の複雑な反応の背景には、「ドル高は、トランプ氏自身の経済政策を反映したもの」との認識がある。トランプ氏が掲げる財政支出拡大や法人減税で経済が成長するとの期待から、米長期金利が上昇し、高利回りを期待する投資マネーがドルを買った。企業に米国内での生産を求めたり、海外で稼いだお金を米国に戻させる税制改革を提唱したりしていることも、資金が米国に流入するとの観測を強め、ドル買いを後押しする。
明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは「トランプ氏の政策とドル安は明らかに矛盾する。ドル安で輸入品の物価が上がれば、困るのはトランプ氏を支持する貧困層だ」と話す。トランプ氏は具体的な通貨政策に言及しておらず、「次期政権は何を経済政策の優先事項にするか、まだ整理できていない」(元米財務省高官)として、就任後の政策を見極めようとする姿勢も目立つ。
トランプ大統領の一言で左右されるので世界経済は、大変。落ち着いて動きを見極めるのも大事。今日も元気で!
肌のケア忘れずに


































































































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム