生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 【日本ハム】大谷、来季2・7億円→6200万円…年俸も激安、新労使協定詳細明らかに
2016-12-09

【日本ハム】大谷、来季2・7億円→6200万円…年俸も激安、新労使協定詳細明らかに

日本ハムの大谷翔平投手(22)のポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍について、25歳未満で移籍した場合の詳細な内容が7日(日本時間8日)、メジャー関係者の話で明らかになってきた。新労使協定により、当初はマイナー契約でのスタート。1年目からメジャーでのプレーは可能だが、昇格しても、年俸は取り決められている最低保証の54万5000ドル(約6200万円)に制限されることが新たに判明した。 11月30日に大リーグ機構と選手会が合意した新労使協定では、ドラフト対象外の外国人選手と契約する際の金額制限の対象年齢が、23歳未満から25歳未満に変更。大谷が来オフにメジャー挑戦するとすれば、年俸は来季の日本ハムでの2億7000万円から、大幅ダウンとなる。
また、入団当初の契約金は、総額でも最高約1000万ドル(約11億4000万円)に抑えられ、複数の選手を獲得すれば、当然金額は低くなる。さらに、複数年契約は結べず、1年契約限定。その上で保有権は球団に帰属しており移籍の自由もない、など多くの縛りが存在しているという。
ポスティングにかけられてどのチームとも交渉できるところまでは従来と一緒ながら、その高い評価と、金額面が一致しないケースが出てくる。例えばヤンキース・田中はメジャー1年目の14年に約22億9000万円の年俸を手にしているが、大谷が1年目からこのような大型契約を結べるのは、2020年以降となる。
ただ、ダルビッシュも、田中も、メジャー挑戦は25歳を超えたプロ8年目で、決して遅い年齢ではない。大谷がメジャー1年目に一気に大活躍をすれば、2年目以降の大型契約の可能性も十分ある。前人未到の二刀流をこなしてきた男だけに、超低額の年俸からアメリカンドリームをつかむというのも、大谷らしいのではなかろうか。
◆有能若手流出ボラス氏苦言 MLBの新労使協定について、大物代理人のスコット・ボラス氏は、ウィンターミーティングが行われているワシントン近郊のホテルで「この協約の下では、すごい選手を抱えられない。(中南米などの)若い有能な選手はより(条件の)いい競技に移ってしまう」と苦言を呈した。25歳までは大型契約ができなくなることで「有力な高校生や大学生は(プロ野球を経ずに)そのまま米国に来るというのも、手になるのではないか」とも語った。
夢を追いかけるのも、規制があって大変。怪我しないで頑張っ欲しい。今日も元気で!
肌のケア忘れずに

























































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム