生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 300億円メジャー争奪戦のはずが6億円!?大谷、夢追って激安契約?
2016-12-08

300億円メジャー争奪戦のはずが6億円!?大谷、夢追って激安契約?

来季終了後にもメジャー挑戦の意向を持つ日本ハム・大谷翔平投手(22)をめぐり、「8年総額300億円」にも膨れ上がるとみられていた争奪戦が、まさかの“激安契約”となる可能性が出てきた。米大リーグ機構と同選手会が新たに合意した労使協定の中で、海外選手がメジャー入りする際の契約内容が変更されたが、契約総額に上限を設けた新協定の対象外とみられていた大谷が適用対象となることが7日、分かった。大型になるはずだったMLB1年目の年俸総額は、大幅に抑えられることになる。 メジャーへの夢か、お金か―。大谷が大きな岐路に立たされた。米球界関係者の話を総合すると、新労使協定はMLBのドラフト対象となる米国、カナダ、プエルトリコを除く、海外のプロアマ選手に関し適用される。1球団が獲得選手に使える契約総額(契約金+年俸)は500~600万ドル(約5億7000万~6億8400万円)程度に抑えられ、対象は従来の23歳未満から25歳未満に引き上げられた。
当初は契約金が法外に高騰していたキューバの有望選手が主な対象とみられ、日本のプロ野球選手などは除外されると想定されていたが、大谷にもその規定が適用されることが分かった。まだ22歳の大谷が来オフか再来年オフにメジャー入りした場合、少なくともこの上限の枠組み内で契約を結ぶことが義務づけられる。
この結果、通常のポスティングシステム利用のメジャー挑戦ならば、30球団との交渉がOKのFAになり、「8年総額300億円」に膨れ上がるとみられていたのが一転、最大6億8400万円の「激安契約」に落ち着く可能性が高くなった。大谷は米球界でも話題となっているがこの日、複数の米国人記者がツイッターで「新労使協定の例外ではなく、大谷のために協定の改定をするつもりはないようだ」と伝えていた。
大谷のメジャー1年目の年俸総額は大幅に抑えられることになるが、日米間で協定を結んでいるポスティングシステムによる移籍は、これまで通り可能だ。大谷自身が移籍を望み、日本ハムがポスティングを了承すれば、来オフのメジャー入りに支障はない。
日本ハムにとっては最大入札金2000万ドル(約22億8000万円)が球団に入ることは変わらないだけに、判断を下すのは大谷本人。夢を貫き、従来の予想よりも安い契約総額で高卒5年目の来オフ、最年少の23歳でメジャー挑戦するのか。あるいは25歳に到達し、大型契約を結べる3年後まで、日本ハムで二刀流を発揮しながらプレーするのか。大谷の決断に、日米の野球ファンの熱い視線が注がれることになる。
いろいろ問題は、ありますが野球で実力が示せればいい事。米国で活躍するのが、楽しみ。今日も元気で!
肌のケア忘れずに
























































































































































































































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム