生活、健康に役立つ情報

日常生活で困ったことを解消するためにいろいろな方法を紹介する。



生活、健康に役立つ情報>> 近況報告 >> 羽田空港の敷地内に複数の犬 13日も残る1匹を捜索へ
2016-05-13

羽田空港の敷地内に複数の犬 13日も残る1匹を捜索へ

羽田空港の滑走路で、大捕物が行われた。12日、羽田空港で目立っていたのは、航空機より、せわしなく動き回る黄色い車。
その先にいたのは、犬だった。車が回り込もうとすると、犬は、反対方向へ。そしてまた、反対方向へ。
緑地帯に逃げ込み、かげろうの中へと消えてゆくと、今度は、犬が2匹に増えていた。
一体、何匹いるのか。捕獲を試みる作業員も、悪戦苦闘しているようだった。
敷地に入り込んだ犬は、全部で4匹。
11日午後4時前、管制官が、滑走路の近くに複数の犬がいるのを発見した。
しかし、11日のうちに捕獲できたのは、1匹だけ。雑種とみられ、首輪はつけていない。
そして、12日午後3時半ごろ、残る3匹のうち、2匹を捕獲。
捕獲直前には、広大な緑地帯の中で、2匹が並んで横になり、1匹が、こちらを見つめていた。
羽田空港では、この犬たちが、滑走路に入り込むなどした影響で、11日、日本航空の1便が着陸をやり直し、12日は、出発便9便に最大10分の遅れが出ている。
利用者は、「大分の便が着陸し直したって書いてあったので、ちゃんと、きょう帰れるかなっていうのは、ちょっと不安になりました」と語った。
羽田空港は、赤外線センサーがついた、高さ3メートルを超えるフェンスで囲まれている。
なぜ、犬4匹が、同時に侵入できたのか。
2015年3月には、北海道・新千歳空港の敷地内に、7頭のシカの群れが侵入。滑走路2本が閉鎖される騒ぎになった。
この時には、シカが、積もった雪を足がかりに、フェンス内に侵入してきたとみられている。羽田空港は、今回の犬の侵入経路を調べるとともに、13日も、残る1匹の捜索を行うという。
滑走路に動物がいたら離着陸できない為、問題。鹿は、しかっても犬は、いヌくならない。今日も元気で!

もうすぐ夏!

























































関連記事
スポンサーサイト
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

hidei98

Author:hidei98
ようこそ、hidei98ブログへ、健康で楽しい人生を送るために、今日の元気で!

最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
生活、健康に役立つ情報
RSSリンクの表示
FC2アフィリエイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム